So-net無料ブログ作成

季節のフルーツ ブルーベリービネガー作り [料理 お菓子作り]

健康志向が高まる近年、酢のドリンクバーがあちこちに出来ました。
東京駅GRNSTA内の飲む酢 エキスプレ・ス・東京で買ってきたのが、飲む酢ブルーベリーです。
美味しいのですが、小さな小瓶に入っていて、60mlで525円します。
飲み足りない私は、早速作る事にしました。
色々な本を照らし合わせ、お試しレシピです。

CA390080.JPG

 

 

 

 

 

 



材料 
ブルーベリー   180g
氷砂糖   100g
はちみつ   70g
酢   150㎖

※酢は後日使います。
酢は穀物酢、リンゴ酢、黒酢、ワインビネガーなどお好みの物をお使い下さい。


CA390081.JPG

 

 

 

 

 

 



保存瓶はガラス製の物を、必ず熱湯消毒して使って下さい。
ブルーベリーは洗って水けをふきます。
保存瓶にブルーベリー、氷砂糖、はちみつを入れ2日間漬けます。

CA390009.JPG

 

 

 

 

 

 

2日間たつと、氷砂糖が溶け、ブルーベリー果汁が出てきました。

CA390011.JPG

 

 

 

 

 


 


ここに酢を加えて混ぜ、4~5日漬けます。
漬かったら冷蔵庫で保存し、1週間程度で飲みきって下さい。
また、気温が高い場合は、1日おいたら冷蔵庫に入れて下さい。

3~5倍の水、炭酸水、ヨーグルトや牛乳で割って飲んで下さい。
酢には、疲れのもと乳酸を分解して疲労回復をする作用があります。
血糖値や血圧が気になる方、一度お試し下さい。

今回、食べきれないブルーベリーは、100g単位で洗い冷凍保存しました。
これでいつでも、ジュース、ジャム、ビネガーに出来ます。



参考にした本をご紹介します。

『栄養と料理 2006年5月号』女子栄養大学出版部、2006年
ロハスな暮らしをしている料理人、簡単に出来るお菓子、フルーツビネガーの作り方などが掲載されています。

栄養と料理 2006年 05月号 [雑誌]

栄養と料理 2006年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 雑誌


『栄養と料理 2005年8月号』女子栄養大学出版部、2005年
寝苦しい夏の快眠術、夏バテ予防のおかず、フルーツサワーの作り方などが掲載されています。

『誰でもできる手づくり酢』永田十蔵、農山漁村文化協会、2008年
麹屋に生まれ育った著者が、酢の作り方を1から解説しています。
柿酢、ビール酢、マヨネーズの作り方、酢の効用などが掲載されています。

誰でもできる手づくり酢

誰でもできる手づくり酢

  • 作者: 永田 十蔵
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 2

アール

こんにちは
お庭でブルーベリーがたくさん取れましたので、早々に作ってみます。
ありがとうございます。
by アール (2009-08-07 16:18) 

mizunara

アールさん、コメントありがとうございます。
ブルーベリーを育てていらっしゃるのですね。
私の記事を見て、作ってみるきっかけになり嬉しく思います。

私の出来具合の感想としては、酢はそのままでも飲める
好みの物を使用した方が良いですよ。
はちみつの香りは思ったほど、強く残りませんでした。
本によっては、砂糖全部を氷砂糖やはちみつで漬けていました。

by mizunara (2009-08-07 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。