So-net無料ブログ作成

ライブラリーカフェ 一房の葡萄  バラを眺めながら [信州の味を楽しめるお店]

軽井沢タリアセンの正面ゲートを出て右手の坂を登った所に、趣あるカフェがあります。
一度訪れてみたいと思っていましたが、チャンス到来です。

IMG_3229.JPGIMG_3225.JPG

 

 

 

 

 

 


 

 


写真上左 ライブラリーカフェ 一房の葡萄 旧有島武郎別荘「浄月庵」
写真上右 タリアセンコーヒーショップ

IMG_3231.JPG

 

 

 

 

 

 

緑の中では、花の色が冴えますね。

IMG_3234.JPGIMG_3239.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ライブラリーカフェ 一房の葡萄は、有島武郎の旧別荘を利用しています。
軽井沢、三笠にあったものを移築しました。
お店の名前は、有島武郎の童話、『一房の葡萄』のタイトルからきています。
店内では小説、『或る女』、『生まれ出する悩み』などを読むことができます。
2階は有料、展示室となっています。

一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)

一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)

  • 作者: 有島 武郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1988/12
  • メディア: 文庫

或る女 (新潮文庫)

或る女 (新潮文庫)

  • 作者: 有島 武郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 文庫

生まれ出づる悩み (角川文庫)

生まれ出づる悩み (角川文庫)

  • 作者: 有島 武郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 文庫




IMG_3238.JPG

 

 

 

 

 



夏、訪れることがあったらテラス席!! と思っていましたが、
私が選んだのは、店内。

IMG_3235.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光沢ある朱色のテーブルには、バラのアレンジメントが置かれてありました。
バラの香りを楽しみながら、外の緑をのんびり眺めます。

IMG_3247.JPG

 

 

 

 

 

 




 


深入りあじわいコーヒー、スフレチーズケーキとキャラメルアイスクリームを頂きました。
珈琲は丁寧に淹れられ、アイスクリームは甘すぎず美味しいです。


メニューの一部
深入りあじわいコーヒー・・・・・500円
カフェオレ・・・・・500円
ダージリン・・・・500円
ウヴァ・・・・・・500円
ラズベリージュース・・・・・500円
ブルーベリージュース・・・500円
あんずジュース・・・・・・・・500円

スフレチーズケーキ・・・・400円
スコーン・・・・・・・・400円

住所 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢202-3
☎0267-45-1175

上信越自動車道 碓氷軽井沢ICより車で15分
有料駐車場あり

長野新幹線、しなの鉄道、軽井沢駅、または中軽井沢駅よりタクシーで10分

営業時間 9:00~18:00

定休日 火曜日
夏期は無休、冬期は不定休、2月は休業


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

アール

素敵なお店ですね。軽井沢に出かけたついでに行ってみたいですね。
by アール (2009-07-31 18:00) 

mizunara

アールさん、初めまして。コメントありがとうございます。
この記事を読んで、カフェを訪ねるきっかけになれば、
嬉しく思います。
とても落ち着いた、趣ある建物です。
ぜひぜひ、お出かけ下さい。
by mizunara (2009-08-05 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。